アジア

2018年9月1日

【saya】日本の終わりの蝉時雨

From saya@歌手/チャンネル桜キャスター

『蝉時雨 せみしぐれ』
たくさんの蝉が鳴いているさまを時雨の降る音にたとえていう語。
〜広辞苑より〜
降り注ぐ蝉の合唱を雨の音にたとえる事で、
暑さの中にひと時の涼までもを感じさせている。
古来日本人の感受性に脱帽する表現の一つだと思う。

夏の終わりに衝撃のニュースが飛び込んできた。
『蝉を食べないで下さい-川口市-』の注意書き。
川口市の公園に日本・英語・中国語の3ヶ国語で
数多く張り出されている様子がニュース番組で流れた。
どうやら土の中にいる幼虫を掘り出して食用している輩がいて
問題になっているとのこと。

川口市といえば、近年外国人、とりわけ中国人が急増している市で
なんと住人の約半数が中国人という芝園町を抱えている。(2476人/4901人)
駅チカ便利物件の芝園団地は中国人に大人気で、3世代同居も多く、
日本在住歴の長さから中国語のあやふやな中国人の子どもまで増えているそうだ。

昔から団地に住んでいる日本人との間では
やはり多くの摩擦があるのも事実。
例えばゴミ出し一つにしても分別をきちんと守る人が少ないこと、
夜間に集まって大きな声で騒ぐ人が多いこと、
団地の自治会に参加し助け合うという概念がないこと、
また、家の中に勝手に間仕切りを作り、仲間を住まわせたり
不法民泊を始める人がいること、
言語の壁で災害時に混乱が予想されること、、、数えればきりがない。
その辺り詳しくはチャンネル桜のカメラマンが貴重な現地取材を
youtubeにアップしているので是非ご覧頂ければと思います

こういった中国人の問題は当然あるけれど、
私が指摘したいのは日本側がこれを放置するどころか推進してきた事だ。

川口市の奥ノ木市長は市の取り組みとして『多文化共生社会』を
堂々と打ち出している。市として日本人向けの中国語講座を開き、
外国人の日本語スピーチコンテストを開き、
時には団地に中国語の通訳も派遣するサービスも行っている。

またUR都市再生機構は国交省の管轄下の半官半民の行政法人でありながら
外国人入居者に対する細やかなチェックや
入居後に起きた問題に対する対処をきちんと行っていない。
(今のところエレベーターホールの張り紙一枚。)
UR賃貸の礼金無し、仲介手数料無し、更新料無し、保証人無し、
という入居者へのサービスは
日本企業や国民の預金を源泉とした低金利の融資があってこそできるサービスであり
これを外国人にも適用するのは道理としておかしいと感じる。

そして、そのURへさらに収益を増やすようにと迫った日本政府。
2013年の年末『独立行政法人改革に関する基本的な方針』を閣議決定した。
この決定によりURは短期に収益を上げねばならず、空き部屋の多い
公団に積極的に外国人を招き入れるようになった。
公団の中国化は芝園団地のみならず、千葉の行田団地や長野の高見塚団地など
全国的に多数起こっている。
そんななか現政府は8月24日単純労働に関わる新たな外国人在留資格を創設、
さらに数十万単位での外国人労働者を増やす検討を始めた。

移民を入れるよう迫られている日本政府と、(どこからかは想像してほしい)
収益を上げるためには何でもする行政法人と、
多文化共生社会に取り憑かれた地方自治体のトップ、、、
三者は複雑にからみ合う共犯関係となり、
日本の風景を根底から変えてしまった。

冒頭に紹介した『蝉時雨』、この言葉を
素晴らしい日本人の感受性だと愛おしく思う気持ちとともに、
実はとてつもなく恐ろしいとも感じてしまう自分がいる。
暑さの中に涼を感じる事もできる日本人。
いつの日か中国人の声が大量に降り注ぐ日本の終わりが来てもなお
そこに涼を感じてしまうのではないかと、、。

【ライブ情報】
◆9月20日(木)
『sayaライブ 恋するタンゴ@馬車道パラダイスカフェ』
出演:saya(vo)/塩入俊哉(pf)スペシャルゲスト:平田耕治(Bandoneón)
日本を代表するバンドネオン奏者 平田耕治を迎えてお届けする情熱と官能の一夜。
タンゴはもちろん、ヨーロピアンなカバー&オリジナルの世界をsayaの歌声とともに。
at:馬車道パラダイスカフェ/横浜市中区住吉町6-72 シャンローゼ関内 B1
Open 18:30/Start 19:30 2ステージ(途中休憩あり)
MC : ¥4,000 (税込・飲食代別)
ご予約 パラダイスカフェ TEL: 045-228-1668
HP: http://www.paradisecafe2001.com/https://tiget.net/events/

関連記事

アジア

【小浜逸郎】「新」国家改造法案

アジア

【三橋貴明】新環境と「There are no alternatives!」

アジア

【島倉原】危うい「業績回復」の構図

アジア

【三橋貴明】中国不要論 後編(日中関係が米墨関係と違う点)

アジア

【小浜逸郎】北海道というエアポケット

【saya】日本の終わりの蝉時雨への4件のコメント

  1. たかゆき より

    蝉しぐれ

    藤沢周平の小説 16歳の文四郎が
    政争に敗れ 切腹を賜った 養父の
    躯を大八車で一人自宅に運ぶ、、

    シナしぐれ

    近未来小説 養父の無念を晴らすため
    大八車で通った 道々に シナの
    土饅頭を 作る。。。

    そういえば
    シナの方々って 公園や駅の
    土鳩にも 目がないとか
    南無南無

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. ぬこ より

    今の政権がグローバリズムに毒されてるからでしょう。
    中国を利してるのに何が安倍しか居ないだか(笑)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. どんがばちょ より

    >蝉を食べないでくださいの看板

     このニュースを観たとき、え゛っなんちゅう?ほんとわけが判りませんでした。
    わけが判ったら、しかし万が一ならぬ京が一、食料不足に成るような不測の状況が続けば草食肉食(魚食)にありつけない状況になれば、昆虫食(ゲテモノ食)も食べれば美食になるのでしょうか。
    私はかにみそがどうにも食べれないのです(足は食べます)が、ある種かにみそも昆虫の体内を食べているような気がしました。
    ひとつ思い出したことは、昔のさくらじで但馬オサムさんが視聴者プレゼントにしたレ・セミアブルの絵画?です。
    そして浮かんだことは、レ・セミタブル?です。こうなると中華料理じゃなくてフレンチなんでしょうか?・・・おせぇーて。
    「知るかぁーっ!」
    すみません。本当に無駄な書き込みだとは思うのですが、但馬オサムさんの話を思い出したので。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 同一人物 より

        >レ・セミアブル

        テ・セミアブル
        だったかもしれない。ならば、
        デ・セミタブル
        ならば、セミタブルの否定形と出来るのかもしれない。
        正に、蝉を食べないでください!
        「なこと言いから、さっさと仕事しろーっ!」

        ・・・財政が破綻すると言って仕事してない人達ばかりなのに。アッチョンブリケーッ!

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレーショ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  3. 3

    3

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】日経記事に見る思考停止のパターン

  5. 5

    5

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  6. 6

    6

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  7. 7

    7

    【三橋貴明】財政破綻論の呪縛を打ち払え!

  8. 8

    8

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「アベノミクス」は、結局、やられてなかった。

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】二人の教授

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】財政破綻論の呪縛を打ち払え!

  2. メディア

    日本経済

    【 平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】日経記事に見る思考停止のパターン

  4. 日本経済

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレ...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  6. 日本経済

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  7. 日本経済

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  8. 政治

    日本経済

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  9. 日本経済

    【三橋貴明】大平正芳の呪縛

  10. 政治

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

MORE

タグクラウド