アーカイブス

2013年1月16日

【東田剛】TPP推進派の頭の中身

FROM 東田剛

産経新聞の報道によれば、安倍首相はTPPについて2月以降に予定される日米首脳会談での正式表明を見送る意向であり、今年夏の参院選後への結論先送りもあり得るとのことです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/plc13011301130000-n1.htm

また、NHKの報道によれば、自民党は、まずは政務調査会の各部会ごとに、議論したうえで、外交・経済連携調査会での検討に移るなど、結論を急がず、時間をかける方針だそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130114/k10014780091000.html

竹中平蔵氏が登用されたので、かなり不安になりましたが、自民党が時間をかけて検討してくれるというので、ちょっと安心しました。

「竹中平蔵のことは嫌いでも、自民党のことは嫌いにならないで下さい!」

とはいえ、まだまだ油断はできません。

例えば、この報道を契機に、TPP推進派の巻き返しが激しくなるでしょう。
また、仮にTPPが進まなくても、小泉政権時のように、経済財政諮問会議・産業競争力会議・規制改革会議を通じて、アメリカの要求する改革が実行に移され、結局、TPP参加と同じ結果になるかもしれません。

産経新聞の記事にあるように、参院選後まで交渉参加を先送りすれば、ルール作りに参加できなくなるので、TPP推進派はあきらめると期待する方もおられるかもしれませんが、甘いですな。

TPP推進派の「ルール作りに参加するため」という理由は、はじめから、TPP参加の方便に過ぎません。なにせ、もう二年以上も前から、「早期に交渉に参加して、ルール作りに参加すべきだ」と言い続けている連中ですから、参院選後であっても、屁理屈をこね続けて、TPP参加の旗を降ろそうとしないと思いますよ。

そう言えば、つい先日も、ある銀行系の研究所の研究員が、酒席の場で、そんな屁理屈をこねてからんできました。
本人の名誉のために名前は伏せることとして、とりあえず「利口ぶる馬鹿」と呼んでおきましょう。

この「利口ぶる馬鹿」によれば、TPPに参加して、日本に有利なルールを作ればよくて、ダメなら、交渉から抜ければいいのだそうです。

使い古された屁理屈ですなあ。

交渉とは、獲ったり、獲られたりの駆け引きです。しかし、TPP交渉は、日本にとって獲れるものなどほとんどないのに、獲られちゃいけないものはたくさんあります。
そんな状態で、どうやって交渉を有利に進めようというのでしょうか。

しかも、交渉途中の脱退は、交渉参加国、特にアメリカとの関係を著しく悪化させます。アメリカを恐れて言いなりになる必要はありませんが、下手こいて、いたずらに日米関係を悪化させるのはルーピーです。
ですから、日米関係を悪化させたくなければ途中脱退はできなくなりますが、退路が断たれた交渉を有利に進めるのはほぼ不可能です。

それで、「何でそんなに無理してまで、交渉に参加しなきゃいけないんでしたっけ?」と聞くと、この「利口ぶる馬鹿」は、「将来、TPPに参加せざるを得なくなり、不利なルールを押しつけられてしまうからだ」と訳知り顔で言うのです。

何で日本に不利なルールのTPPに参加しなくちゃいけないのか、さっぱり分かりませんが、もし、そうだとするなら、交渉でルールが有利にできなくて途中で抜けたところで、結局は、その不利なルールを押しつけられてしまうんじゃないんですか?
ということは、日本に有利なルールにする余地なんか、はじめから、なかったということじゃないですか。

こんな調子の「利口ぶる馬鹿」が、TPP推進派のクオリティなのです。
それだけでも、日本が交渉に参加して有利なルールを作ることなどできないという証明には十分ですな。

PS
東田剛さん、藤井聡先生、中野剛志さんのバックグラウンドを知りたい方は、
3氏の師匠である西部邁老師のこの本を読んでみてはいかがでしょう。
http://amzn.to/WhwalA

PPS
TPPは、郵政民営化と同じ構図だと感じた方には、東谷暁先生のこの本がお薦めです。
http://amzn.to/Vg9iE1

PPPS
「欧米没落!日中激突!異能の官僚が描く壮大な新国家戦略の全貌」を知りたければ、
1月10日発売予定のこの本をご覧ください。
http://amzn.to/Ui6g12

PPPPS
安倍政権をむしばむ改革派官僚の正体を知りたければ、
やはり、この本が役に立つでしょう。
http://amzn.to/UPCohv

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】悪口を言われますが、、、

アーカイブス

【藤井聡】グローバルリスク

アーカイブス

【三橋貴明】超国家組織「TPP 規制整合性小委員会」

アーカイブス

【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

アーカイブス

【三橋貴明】「日本の未来を考える勉強会」消費増税の凍結を提言

【東田剛】TPP推進派の頭の中身への1件のコメント

  1. コンドウ ヨシヒロ より

    「利口ぶるバカ」・・・・本当に多いですな。TPPの本質を理解し得ないヒトが多過ぎる。何かとてつもないメリットを享受できると思っている、勘違い野郎と何となくそう思っている多くの普通の方々、日米安保がないと日本は死ぬ〜と思って何が何でもTPPだって思っているアメリカ・ブラボー野郎、シカゴ・ボーイズに毒された大バカ経済学者ども、とにかく儲けたいグローバル企業(金、金、金の亡者)   あぁ、いやだ。日本国民の主権を、関税自主権を、 文化と伝統を、収奪農法ではない耕作民族としての誇りを、みんなで取り戻したい!!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  2. 2

    2

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】給料が上がらない理由

  5. 5

    5

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  6. 6

    6

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

  7. 7

    7

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分」であ...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  9. 9

    9

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  10. 10

    10

    【藤井聡】新しい御代をお迎えする2019年、最大の争点は「消...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  2. 2

    2

    【藤井聡】新しい御代をお迎えする2019年、最大の争点は「消...

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  4. 4

    4

    【藤井聡】「トリプル」リーマンショック・リスク~「年末株価の...

  5. 5

    5

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分...

  2. 政治

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  4. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  5. 未分類

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  6. メディア

    政治

    未分類

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

  7. 日本経済

    【小浜逸郎】給料が上がらない理由

  8. 政治

    日本経済

    未分類

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】反・資本主義者たち

  10. 日本経済

    【三橋貴明】バランスの問題

MORE

タグクラウド