アーカイブス

2012年8月13日

【三橋貴明】日本が国益を失う理由

FROM 三橋貴明@新宿のオフィス

【今週のNewsピックアップ】

●「近いうち」とは、いつなのか
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11323783048.html

●民主党の「近いうち」について考える
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11324701414.html

今回の社会保障と税の一体改革を巡る自民党と民主党のやり取りを見ていると、
何と言うか戦後の日本の「外交」を思い返してしまいました。

自民党側は、基本的に相手に「誠意」があるという前提の下で発言し、
議論を行い、結論を得ようとするわけです。
過去の自民党外交も、その傾向がありました。
ところが、諸外国の多くは表向きは「誠意は重要だ」などと言いつつ、
裏では国益追求のために「相手の誠意」など平気で踏みにじるわけです。

特に、過去に繰り返し「異民族」「異国民」に侵略され、
何度も民族が入れ替わってしまっている欧州や中国などの国々に、
その傾向が強いと思います(アメリカは相対的にはフェアな方です。あれでも)。

戦後の日本は、冷戦崩壊まではアメリカの核の傘の下におり、
外国と「本気の外交」をやることはありませんでした。
外交や戦争はアメリカに任せ、国内投資と消費拡大、
そして西側諸国との自由貿易で経済成長をすることで、
我が国は世界屈指の豊かさを手に入れることができました。

とはいえ、冷戦崩壊後、アメリカは「グローバリズム」「市場主義」
といったお題目を唱え、露骨なまでに日本の市場開放を要求してきます。
製品や農産物のみならず、サービス(保険など)分野までをも、
日本は市場をアメリカに開放し、自国の保険会社を複数倒産させてしまいました。

二十一世紀に入ってもアメリカ側の「攻勢」は収まらず、
「構造改革」「法令順守(コンプライアンス)」といった美しい言葉と共に、
アメリカ企業にとって都合が良い「社会構造」までもが日本に輸出されてきます。

結果的に、日本国の社会制度はジワジワとアメリカ型(というか、
新古典派経済学者などが喜ぶ形)に変更されてきたわけですが、
現在の日本の外務官僚や経産官僚は、
むしろ「喜んで」アメリカの規制緩和要求(TPPなど)を受け入れようとします。

彼らを「国益を考えない、売国奴」と切り捨てたくなる人は多いと思いますが、
実のところ彼らの多くは売国奴などではなく、
「アメリカの誠意を信じ、本気で日本国のためだと思い、TPPを推進している」
のではないかと考えるわけです。

無論、アメリカ側に「日本への誠意」などはなく、
単に自国のビジネス(グローバル企業)にとって都合が良いと考えているからこそ、
日本に各種の要求をしてきているわけです。
そういう意味で、アメリカのUSTRなどは「アメリカの企業」に対して
誠意を尽くそうとしているわけで、これはある意味で当たり前の態度なのかも知れません。

大陸諸国やアメリカの外交担当者の能力は、日本の比ではありません。
彼らが誠意を尽くすのは「自国(もしくは自国の利害関係者)」に対してのみですが、
それを堂々と公言したりは、もちろんしません。
他国に対しては、「我々はあなた方への誠意を尽くすために、
このようなことを提案しているんですよ」とやってくるわけです。

結局のところ、外交とは国益のぶつかり合いですので、
相手国に「自国への誠意」を求めること自体が間違っているのだと思います。
とはいえ、戦後の日本は常に「相手国の自国への誠意」を信じた外交交渉を続け、
国益を失うことを続けてきました。

今回の自民党と民主党のやり取りを見ていて、
「誠意がない相手との交渉」について、
日本人はいい加減に学ばなければいけないのではないかと、
つくづく思ったわけです。

 

PS
「ぼくらの日本」の予約がはじまりました
http://amzn.to/OdidXB

 

 

関連記事

アーカイブス

【藤井聡】 市場の「脱ブラック化」が、「人手不足」を解消させる

アーカイブス

【施 光恒】日本国民の一人負け?

アーカイブス

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第四十話

アーカイブス

【東田剛】アベノミクスの終わり

アーカイブス

【三橋貴明】ILC(国際リニアコライダー)の二つの意義

【三橋貴明】日本が国益を失う理由への1件のコメント

  1. 高木正雄 より

    日本国の防衛を米国に依存してきたことが根本原因である。ロシア、朝鮮半島、中国の圧力から自力だけでは守れない、したがって米国のいうことは聞かなければならない。という状況ではないか。 米国から原潜を3隻ほど(核があるかどうか発表する必要はない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  4. 4

    4

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  5. 5

    5

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  6. 6

    6

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書くのか―

  7. 7

    7

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  8. 8

    8

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  9. 9

    9

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  10. 10

    10

    【三橋貴明】粒子加速器、なるか産業ビッグバン

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府は「異常気象緊急対策」を速やかに推進せよ。

  3. 3

    3

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  4. 4

    4

    【藤井聡】政府の「東京一極集中」対策、未だ成果まったく見られ...

  5. 5

    5

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

MORE

最新記事

  1. 政治

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  2. 日本経済

    【三橋貴明】粒子加速器、なるか産業ビッグバン

  3. 欧州

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  4. 日本経済

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  5. 日本経済

    未分類

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  7. 政治

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  8. アジア

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  9. 日本経済

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書く...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】消費税軽減税率の拡大を!

MORE

タグクラウド