【藤井聡】橋下・維新政治は悪質な「ブラック・デモクラシー」である。

FROM 藤井聡@京都大学大学院教授

——————————————————-

上海株バブルの真実!? 不況が原因??
詳しくはこちら

https://youtu.be/iGKatGagXaY

——————————————————-

多くの現代人は、デモクラシー=民主主義といえば、まずは「善いもの」であって、「悪いもの」だとは微塵も思っていないようです。

しかし、デモクラシーが「平然と上手なウソをつく」悪質な詐欺師のような政治家と交われば、それは瞬く間に邪悪で真っ黒「ブラック」なものへと変質してしまいます。

なぜなら、「平然と上手なウソをつく」政治家なら、彼こそが他の政治家をさしおいてデモクラシー=民主主義によって、リーダーに選ばれ、人々を豊かにする全うな政治が全て停止され、デマとテロルに塗れたおぞましい民主政治、

「ブラック・デモクラシー」

が始まってしまうからです。

ブラック・デモクラシーとは、何が正しいとか善いのかといった議論の全てを度外視し、邪悪で悪質な政治を、単なる「数の力」でもってごり押ししていく邪悪な政治です。

彼らは「数の力」で全てを押し切るために、「多数決至上主義」を標榜します。

そして、理性的な議論を全て度外視し、デマとウソと詭弁に塗れた「プロパガンダ」を繰り返し、徹底的な「世論工作」「多数派工作」を仕掛けます。

さらには、反対論者を、自らが持つ公権力を駆使して徹底的に「封殺」「弾圧」します。それはまさに「テロル」です。

こうした「テロル」と「プロパガンダ」でもって多数派を形成し、(彼らの党利党略にとっては有益なものの、世間の利益を大きく損ねる)邪悪な政策を推し進めていく――これが、ブラック・デモクラシーです。

その典型例は、言うまでも無く史上最悪の独裁者と目されているヒトラーが展開した「デモクラシー」ですが、それはもちろん別名「全体主義」と呼ばれるものです。つまりブラックデ・モクラシーとは、民主主義の衣をまとった真っ黒な「全体主義」政治の事を言うのです。

筆者はこの度、中野さん、適菜さん、薬師院さん、湯浅さんとの5名で、そんな「ブラック・デモクラシー」を様々な角度から徹底的に論ずる書籍、

『ブラック・デモクラシー ~民主主義の罠』
http://www.amazon.co.jp/dp/4794968213

を編纂、出版いたしました。

この書籍では、民主主義をめぐる政治学、政治哲学に関する議論と、ブラック・デモクラシーの具体例をとりまとめています。

本書の中でその具体例として取り上げたものこそ、大阪の「橋下・維新政治」です。

筆者は橋下・維新政治は、ブラック・デモクラシーの最も分かりやすい典型的事例であることを、学者として確信しています。

そもそも、ブラックデモクラシーとは、先にも紹介したように、

(1)「多数決至上主義」
(2)デマとウソと詭弁の塗れた「プロパガンダ」
(3)公権力を駆使した言論弾圧(=「テロル」)

の三要素を含むデモクラシーですが、橋下・維新政治の中にはこの三要素が濃密に見いだせるのです。

まず、第一の多数決至上主義は、橋下・維新政治に明白に見いだせます。

そもそも、橋下氏は住民投票で都構想が否決された夜、その記者会見の席上で、

「僕が提案した大阪都構想、市民のみなさまに受け入れられなかったということで、やっぱり間違ってたということになるのでしょうね。」「民主主義という政治体制は本当に素晴らしいですね。」

と発言しています。つまり彼は、政策の客観的是非すら、多数決で決められるという立場に立っている程の、多数決至上主義者なのです。

同様に彼は、投票前には、次のようにつぶやいています。

「大阪都構想は大阪の将来を左右する。だから住民投票で住民に決めてもらう。議会が否決するような話ではない。」「住民投票で住民に決めてもらう。議会が否決するような話ではない。住民が判断する。」「最後に住民投票。みなさん、政治家が決めれることには限界がある。」

これで彼を多数決至上主義者と呼ばないのなら、多数決至上主義者などこの世にはいない、ということになってしまうでしょう。

では、第二のデマとウソと詭弁に塗れた「プロパガンダ」ですが、これもまた、彼らの政治の中に数多く見出すことができます。

例えば橋下・維新らは、今年の5・17に都構想が否決された住民投票で「ラストチャンス」「ワンチャンス」と賛成票を煽りに煽りまくっていたにも関わらず、この度、再挑戦を、その舌の根も乾かない内に言いだしました。これは、いわゆる、

「閉店セール詐欺」

そのものです。しかも、その際には、テレビCMやチラシの全戸配布等に政党交付金が原資とみられる数億円もの大金がつぎ込まれていたわけですから、これもまた、これを「ウソと詭弁に塗れたプロパガンダ」と言わずして一体何が「ウソと詭弁に塗れたプロパガンダ」なのか――といわざるを得ない代物であることが分かります。

なお、これ以外にも実に数多くのウソとデマに塗れた以下のような詭弁とプロパガンダが繰り返されている疑義が濃厚なのですが―――これについては下記原稿にてご確認ください。

【「負ければ即引退マッチ」詐欺】
【「おおさか」は大阪じゃないんだよ詐欺】
【臨時党大会で解党したよ詐欺】
【お金は全て国に返すよ詐欺】
【僕って法律の専門家なんだよ詐欺】
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/11/03/fujii-168/

つまり橋下維新政治は、「ウソと詭弁に塗れたプロパガンダ」の宝庫であると言わざるを得ない――それが筆者の明確な確信です。

では第三番目の「公権力を駆使した言論弾圧」についてでありますが――これもまた、多言を弄するまでも無く、橋下・維新政治で繰り返されていることは、明々白々です。

「自分達に批判的な論者を『TVに出演させるな』という圧力をかける文書を、公党名義でTV局に送りつける。」
http://satoshi-fujii.com/150504-4/
http://satoshi-fujii.com/150426-3/

「自分達に批判的な論者を雇っている大学の総長に、彼を雇っていることそれ自身を問題視する文書を、公党名義で送りつける。」
「放送を所管する総務大臣に、自分達に批判的な論者を出演させているTV局を問題視する国会質問を、公党国会議員が行う。」
「大学行政を所管する文部科学大臣に、自分達に批判的な論者を雇っている大学を問題視する国会質問を、公党国会議員が行う」
http://satoshi-fujii.com/pressure/

「自分たちに批判的な論者の私信を入手し、それを公開すると同時に、その論者がTVに出演することを法的根拠が薄弱なままに問題視する公党名義のBPO申し立てを行う」
http://satoshi-fujii.com/shinnihon2-151020/

つまり彼らは、「自分達に批判的な論者」を黙らせるためなら、公党の権力や大阪市長の社会的影響力等を駆使しつつ、「私信の公開」といった違法である疑義が濃厚な行為まで行いながら、論者個人や、論者個人が出演するTV局や勤務する大学、さらにはそれらを所管する政府に対して国会の権威まで使いながら、徹底的な圧力をかけ続けたわけです。

これらの詳細は、上記HPか著書『ブラック・デモクラシー』の当方の章で、詳しくその証拠物件と共に論じていますが、これらを踏まえれば、橋下維新政治において、公権力に基づく「言論封殺」「言論弾圧」という「テロル」が行われていると考えざるを得ません。

・・・

つまり橋下・維新政治は、「とにかく多数決は素晴らしいということにしておいて、自説を広めるための徹底的なデマとウソと詭弁を駆使したプロパガンダを通して多数派工作を図ると同時に、反対論者を黙らせるためのテロル(弾圧、封殺)を、市長や公党の権限を駆使して徹底的に仕掛け、それを通して党利党略を追及し続けてきた」、疑義が濃厚なわけです。

ここまで豊富な証拠がある以上、橋下維新政治こそが悪質なブラック・デモクラシーの典型例なのだと断定せざるを得ないと筆者は考えます。

この様なブラック・デモクラシーが大阪の地で続けられれば、大阪はますます疲弊し、凋落していく他ありません。

しかしこの問題は、大阪にのみ止まる話ではありません。今後の展開によっては、橋下・維新政治が中央政治権力と結びつき、ブラック・デモクラシーが日本のど真ん中で本格的に駆動することも十二分に想像できるのが、現状です。

そうなったとき、わが国日本は修復しがたい巨大被害を被ることとなる――筆者は政治哲学的な見地から考えて、そう強く懸念しています。

こうした筆者の懸念が現実のものとなるか否かは、11月22日の大阪ダブル選挙の結果に、大きく依存しています。

この度の大阪ダブル選挙では、こうした「大局」的な視野に収めた、賢明なる有権者判断が下されんことを、心から祈念したいと思います。

PS
『ブラック・デモクラシー』の神髄を是非、ご賞味ください!
http://www.amazon.co.jp/dp/4794968213

PPS
「ブラック・デモクラシー」のトークイベントを開催します!11月13日の午後7時半、仕事帰りなどに是非、お立ち寄りください!
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=10566

PPPS
「豊かな大阪をつくる」シンポジウムの「最終回」を大阪市大で開催します!橋下市政を、徹底的に検証します。11月14日、是非、ご参集ください!!
http://satoshi-fujii.com/symposium6/

PPPPS
「大阪ダブル選」にまつわる動画メッセージを、「超人大陸」で毎週配信しています。今週は、「争点はやはり大阪都構想─だからそれを巡るウソを思い出そう」です。
Youtube https://www.youtube.com/watch?v=_Y7W4zlSbqE
ニコ動 http://www.nicovideo.jp/watch/sm27552126?ref=search_tag_video
動画ページ http://satoshi-fujii.com/video/

—メルマガ発行者よりおすすめ—
【無料】対談映像
『世界ランク1〜3位独占!次世代スパコンから見る経済』
https://youtu.be/Dv3ZblXhAdk

【藤井聡】「おおさか維新の会」を巡る数々の詐欺疑惑。その手口を解説します。

FROM 藤井聡@京都大学大学院教授

——————————————————-

上海株バブルの真実!? 不況が原因??
詳しくはこちら

https://youtu.be/iGKatGagXaY

——————————————————-

「「おおさか維新」結党大会、橋下市長が代表就任!!」 …というニュースが、紙面をにぎわせています。

これに対して、世論から「おおっ!!」という反応があるのかと思いきや…yahooのコメント見てみると、高評価のコメントはいずれも、

 「どっちらけ…」「うんざりだ…」

というものばかり。
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20151031-00000029-jnn-pol

例えば、「あと1ヶ月で引退する人が新党の代表になるって、どういうこと?」「あれ?政治家引退して弁護士に戻るって言ってたのに?新党でも法律顧問ならって言ってたのに?」「茶番劇」「あっちも維新こっちも維新って、なんかウンザリ・・・等々。

やっぱり、都構想の住民投票であれだけ大見得きって「さわやかさ」装って、「引退します!」ってドラマティックに大々的に言っておきながら、ものの数ヶ月で、ガンガン政治に介入してくるんですから、普通の神経があれば、「うんざり」するのも当然、と言えそうですね。

今後、万が一にも「橋下政界復帰」なるものが実現したとすれば、それはもう明らかな

【「負ければ即引退マッチ」詐欺】

だったという事になりますが….これからどうなるのか、皆で注目して参りましょう。
(#ちなみにプロレス界では、FMWの大仁田厚が、客を増やすためにしょっちゅうやってた手口ですねw)

ただし、この「おおさか維新の会」の設置を巡っては、『「負ければ即引退マッチ」詐欺』以外にも、実に様々なウソ、欺瞞、詭弁による数々の「詐欺疑惑」があります。

今日は、そんな「詐欺疑惑」を一つずつ、解説して参りたいと思います。

【「おおさか」は大阪じゃないんだよ詐欺】
おおさか維新の会の橋下代表は、この「おおさか」というのは、地域の名前(大阪)ではない、これまで大阪でやってきた改革を象徴的に意味する言葉なんだ、っていっています(なぜなら、国政政党のくせに、特定の地域のことだけを考えるか事は許されないから、です。当たり前ですね)。

ですが、これは明らかなウソ、の疑義が濃厚です。

そもそも、この結党は、知事・市長の大阪ダブル選挙に間に合わせるためだと、橋下氏も松井氏も明言しています。それはなぜかと言えば、この国政政党を使って「大阪」を中央から支援するためだとも説明されています。

だったらやっぱ、その「おおさか」ってモロ「大阪」の事を、実質上、意味してるじゃん!
っていうことになりそうです。

というかそもそも、この「おおさか」が「地域の名称」を意味してい「ない」、改革を象徴するものだ、という「事実」を知る者の方が、少ないのが実情です(当方の身の回りでそれを知る人はほとんど皆無でしたw)から、ほとんどの人が、「おおさか」が「大阪」を意味していると

「勘違い」

しています。だからやっぱり、大半の人々が、この新しい党が「大阪をよくすることを目的とした国政政党なんだ」と

「勘違い」

してしまっているのが実情なわけです。

ということは、橋下氏達には、こうした「勘違い」をわざと喚起するために、「おおさか」という文字を政党名に入れたに違いない、という嫌疑がかけられても致し方ないでしょう。

つまりこれは、「おおさかは大阪じゃないんだよ」と、一応は口にしながら、実質、「大阪」の事だと大阪の有権者達を勘違いさせて、ダブル選で、維新候補に投票させようとする、というタイプの新手の

「詐欺」

である疑義が極めて濃厚な訳です。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/10/06/fujii-163/

ついては皆さん是非、この詐欺疑惑に皆が引っかからない様にするためにも、

「おおさかは地域の名称じゃない!」

という事実を、しっかりと認識するとともに、いろんな方に周知いただきたいと思います。

【閉店セール詐欺(ラストチャンス詐欺)】
ただし、今回の橋下さん達の振る舞いの中でも、冒頭で紹介した【「負ければ即引退マッチ」詐欺】と並んで「有名」な詐欺疑惑が、

「閉店セール詐欺」

あるいは別名

「ラストチャンス詐欺」

です。

橋下氏は、「これが、都構想実現の最後のチャンスです」という趣旨で煽りに煽りまくって、多くの人々の「賛成票」を獲得する手口を採用していました。

それはまるで、「店じまい!」とあおって客を呼び込む手口の振る舞いでした。

もちろんホントに店じまいするなら、つまり、都構想の住民投票をこれで最後にするなら、そういう「煽り」もアリでしょう。

が!!!

彼らは一瞬で前言を撤回、またぞろ、都構想を選挙公約に掲げています。

これでは、「かつての僕の『これでおわり!』っていう発言はウソでした。つまり、僕は、詐欺をしてたのです!」と発言したに等しいと解釈せざるを得ませんよね。

【臨時党大会で解党したよ詐欺】
「維新分裂劇」では、「大阪組」が臨時党大会を開き、「解党」したと喧伝しています。

そして、解党したので、「おおさか維新の会」という国政政党を作ることができる、ということで、冒頭で紹介した「結党」する事としたのです。

逆に言うと、ダブル選挙で集票効果の高い「おおさか維新の会の結党」という

「ポーズ」

を有権者に見せつけるためには、「解党」というプロセスが求められたという次第です。

しかし・・・この「解党」決議は、法律的に無効である、と法律家から指摘されています。
https://nobuogohara.wordpress.com/2015/10/21/%E3%80%8C%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%82%8B%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9%E6%B0%8F%E3%81%B8%E3%81%AE%E7%96%91%E5%95%8F/

しかも、この解党届を受け取る総務省は、「受理しない見通し」と報道もされています。
http://satoshi-fujii.com/151025-2/

だとすると、「維新の党を解党したから、おおさか維新の会を立ち上げても、いいんだよ!」という言説には、解党というウソ、結党というまやかしという二重の「ウソ」「詭弁」が混入している疑義が存在するわけです。

なぜ、そんなことするのかと言えば――繰り返しとなりますが、おおさか維新の会をとにかく設置しておきさえすれば、ダブル選で得をする(=自分のところの候補者により多くの投票を獲得することができる)からだ、と考えられます。

だからウソでもなんでもいいので、大阪維新の会を設置しさえすればいいのであって、それを正当化するための詐欺が【臨時党大会で解党したよ詐欺】だったのではないか、という次第です。

この詐欺疑惑に引っかからないためにも、是非、皆さん、「総務省は解党届を受理しない見通しだし、法律の専門家は解党決議は無効だと主張している」、と言う事実をしっかりと認識し、周りに周知願えればと思います。

【お金は全て国に返すよ詐欺】
さて、【臨時党大会で解党したよ詐欺】には、新党設立に加えて、もう一つ、別の目的が考えられます。

それは、【お金は全て国に返すよ詐欺】を行うという目的です。

そもそも、維新分党・解党騒動では、「大阪組」と「執行部」との間でおカネ(政党助成金)の奪い合いが展開されていました。

しかしカネの奪い合いは、あまりも醜悪なので、世論が嫌悪感を示しだしたのですが、その雰囲気をキャッチした橋下氏は、

  「党を解党し、助成金は、国に返す」

と言い出したのです。

世論はこれに一部、好感を示しだしたのですが……ここにもまた、隠蔽されている秘密があります。

それが、「国庫に返すと言っても、都構想のプロパガンダに使った5億円もの借金を全て返金した上で、余った1億円だけを返すに過ぎない」という点です。(※ 「6億円にも上る10月分の政党交付金から5億円の借金を返済し、残りを国庫に返納するのだそうです」と指摘されています。 http://www.gruri.jp/article/2015/10270840/より)

もちろん、1億円だけも国費にとっては重要ではあります。ですがだったら、5億もの血税を、「都構想のプロパガンダ」という国益にはとんど関係ない事のための借金に使うなど許しがたいことなのですから、政党助成金には手を付けず、借金返済は自分でやることにすれば良いはずです。つまり、5億を抜き取って1億だけ返すので無く、6億全部を、国庫に返納すればいいだけの話です。

だから、「国にお金を返す」というフレーズを真に受けて、「やっぱ橋下さん、筋が通ってるなぁ」なぞと勘違いしながら、今度のダブル選での投票判断が決せられるようなことがあってはなりません。それでは、【お金は全て国に返すよ詐欺】疑惑にまるっぽ、引っかかってしまったことになってしまいます。

是非とも、この詐欺疑惑に周りのみならず、自分自身も引っかからないよう、「国に返すといっても、政党助成金の大半をプロパガンダのためのつけ払いに使った後だ」という報道事実をしっかりとご認識ください。

【僕って法律の専門家なんだよ詐欺】
最後に、これはなかなか気が付きにくい、極めて巧妙な詐欺疑惑の手口をご紹介します。

橋下氏は、誰かを非難をする場合、さまざまな法的専門用語を駆使することがしばしばです。

例えば、今回の離党、結党騒ぎでも、「憲法31条、デュープロセスくらいちょっとは勉強してよ。」「平成3年の監獄法施行規則に関する最高裁判例を一回くらい読んだらどうだ?いわゆる委任立法の限界というやつだ」といったツイートを行っています(10月18日)。

「さすが、弁護士の橋下さん!」と、一見、もっともらしく聞こえはするものの、法律の専門家によれば、「橋下氏の論理は、幾重にも飛躍しており、凡そ法的な論理になっているとは言い難い。」とのこと。
https://nobuogohara.wordpress.com/2015/10/21/「弁護士たる政治家」としての橋下徹氏への疑問/

この指摘が適正なら、橋下氏の振る舞いは弁護士であるという事実を悪用し、法律の専門用語など普通の人には分からないことを良いことに、相手を貶める卑劣な手口のそのものだ、ということになります。

こうした、【僕って法律の専門家なんだよ詐欺】に引っかからないようにするためにも、橋下氏が法律の専門用語を口にした時には常に、注意することが得策でしょう。

・・・

以上、いかがでしょうか。

ここに見たように、ここ最近、紙面を賑わせている「おおさか維新の会」騒動、には、実に多くの、ウソ、欺瞞、デマをふんだんに含んだ「詐欺」疑惑が展開されています。

解党・結党もまやかし、「おおさか」を含む党名も猫だまし、執行部への法的非難も国庫返納も単なる見せかけのポーズ、さらには、最重要政策のラストチャンス宣言も自らの政治家としての引退宣言も皆「ウソ」だったとすれば―――橋下氏の言説には、ホントの真実なんて何一つ含まれてはいないのではないか、という疑義さえ頭をもたげてきそうです。

とはいえ――オレオレ詐欺に引っかかるか否かは、最終的には一人一人の責任問題。自分で申し上げるのも恐縮ですが、ここまで親切に、「この方どう考えても、詐欺師じゃないですか…?ひょっとして、まだ分かんないんでしょうか?」的な解説を差し上げているわけですから、あとは読者各位に最終判断をお任せしたいと思います。

PS 「大阪ダブル選」にまつわる動画メッセージを、「超人大陸」で毎週配信しています。今週は、「争点はやはり大阪都構想―だからそれを巡るウソを思い出そう」です。
Youtube https://www.youtube.com/watch?v=e-llm5oPlvA
ニコ動 http://www.nicovideo.jp/watch/sm27501392?ref=search_tag_video
動画ページ http://satoshi-fujii.com/video/

PS2 橋下維新の学術的検証の決定版、として編集した「大都市自治を問う ~大阪橋下市政の検証」が遂に発売となりました!
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%87%AA%E6%B2%BB%E3%82%92%E5%95%8F%E3%81%86-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%BB%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%B8%82%E6%94%BF%E3%81%AE%E6%A4%9C%E8%A8%BC-%E8%97%A4%E4%BA%95%E8%81%A1/dp/4761526106/ref=pd_cp_14_2?ie=UTF8&refRID=034YM720N4FY53YVKEKK
(本書の出版記念シンポは11月14日に開催します。 http://satoshi-fujii.com/symposium6/

PS3 来週発売の「ブラックデモクラシー」その出版シンポ、「豊かな大阪をつくる」シンポシリーズとして下記にて11月8日に開催します!
http://satoshi-fujii.com/symposium5/

—メルマガ発行者よりおすすめ—
【無料】対談映像
『世界ランク1〜3位独占!次世代スパコンから見る経済』
https://youtu.be/Dv3ZblXhAdk

・・・中国経済は、高騰していた不動産価格、株価がともに大幅に下落し、バブル崩壊の苦境に直面している。この状況に対する解釈は二つに分かれている。

一つは「単なる景気後退」あるいは「投資主導の経済から消費主導の安定成長への過渡期」とする見方、もう一つは「メッキが剥がれた中国経済が崩壊を始めた」あるいは「経済のみならず、中国共産党の独裁体制崩壊の序章」などとする見方だ。

単なる景気後退なのか、それとも崩壊の序曲なのか? 日本への影響は? われわれは今後、どう対処していくべきなのか?

中国取材から帰国したばかりの三橋貴明が、自らの足で集めた最新の情報を元に、「中国の読み方」、そして「中国との付き合い方」について解説する。
(月刊三橋最新号「中国の読み方〜日本が地獄に引きずり込まれないために」)
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php